パチンコ「ヒロシの勝ち方」ブログ

勝ち組への道。それは勝つための「考え方」を身につけ、「行動」し「結果を残す」ことである…と自分にいい聞かせている。…ふう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

安田一彦プロから勝てる考え方を学ぼう

あのパチンコ必勝ガイドでパチプロ日記を掲載している
安田一彦さんがCDブックを出した。

パチプロ稼業とライター業務に大忙しだが、
その勝つための考え方を面白く解き明かす点では間違いなくトップクラスだろう。

今回は「新海プロ」新海だけで年間800万円稼いだ人
            「ホール経営のプロ」(まあ敵の代表といったとこ)など
4名を迎えて、徹底的に多方面からパチンコに勝てる考え方を教えてくれる
それもCDを聞くだけで効いてしまうという感じ。

★勝てる仕組みを覚えるために必要なプロセス
★意外とアナログだった勝てる店の判別ポイント
★勝ち続ける為にプロが実践している努力
など、久々に心に直接入ってくる。自分の最新のバイブルとなる一枚だ。

70分たっぷりと寝る前に聞いて、パチる明日への活力となっている。

是非、現役プロの実践心理を学んでみてほしい。


今回、紹介したCDブック
パチンコバカの壁をぶちこわす稼ぐ人の心理学
2005年新基準―パチンコ必勝ガイドCDセミナーVol.2



次回、「CRF.湯けむり紀行攻略?」にご期待
スポンサーサイト
  1. 2005/04/28(木) 22:31:26|
  2. 今日はこんなです
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

人と差をつける打ち方とは(小技編その2)

小技編その2として、ストローク調整について触れる。
パチンコでいうストロークとは玉の打ち筋のことである。よく初心者の方からどこを狙ったらいいのかという質問を受けることがあるが、ひとことでは答えにくい。
普段、どのように考えてストロークを決めているか振り返りながら書いてみようと思う。

ストローク調整
消極的だが絶大の効果を誇る節約技とは異なり、
経験と知識を応用し、積極的に人と差をつけるテクニックであるといえる。

1.回転率を上げるストローク
2.回転率を下げないストローク
3.節約のためのストローク
この3点について以下に説明したいと思う。

1.回転率を上げるストローク
ストロークの決め方なんて考える必要ない。
打ちながら一番回るところを探せばいいという人もいると思う。
しかし、一番回ると感じるところが、本当に回るところかどうか定かでない。
重要なのは、一番回る可能性のあるストロークを事前に目星をつける能力を身につけることだと思う。
そのためには様々なタイプの天釘周りのパターンを理解する必要がある。

20050427181555.jpg

↑ストロークを意識しない打ち手と差をつけやすいタイプといえる。全ての台についていえるが、特に新台を打つ場合において、まずはじめにステージを直接または間接的に狙えるかどうかを見ることをすすめる。
まずは  のストロクでワープ入り口を狙う。
ステージに入った玉が有効にヘソに入るかを確認(ステージ性能をみる)し、ワープ入り口から外れた玉が寄り方向からの入賞も同時に見る。OKならそれで決まり。念のため a・c のストロークも試し、回転率を比べるといい。
寄りが良調整の場合は、弱めのストロークのほうが優位となる場合もある。

20050427183737.jpg

↑ステージを直接狙えずワープ入り口が寄りの真上周辺にあったり、道釘からのステージ乗り上げしか期待できない場合。
ストローク  とストローク  によって回転率を見る。右からの入賞が期待できない場合はストローク  とする。ストローク  だと右に流れる玉が増えてしまう。
デジタル画面に添う(絡める)様に打つパターン(基本)と釘の側面に当てて跳ね返りを利用して玉に勢いをつける打ち方等がある。
デジタル画面が超デカい場合、後者が優位となる場合がある。

20050427201022.jpg

↑最近多いタイプ。強めのストローク  によって右に流れた玉は、ほとんど無駄玉になってしまう。
ストローク  よりも、右に流れにくいストローク  をすすめる。デジタル画面の淵はたいていなだらかな坂道となっているため、そこを転がる場合、ほとんど勢いに差がなくなってしまう。
ストロークによって差を生みにくいタイプといえる。

2.回転率を下げないストローク

パチンコ台は電気機械物である以上、様々な場面で電圧の変化が発生してしまう。
下記にその例をあげる。
客の少ない時間帯には玉が飛びやすくなり、混んでくると飛びにくくなる。
シマ内において周りの台が大当たりを引いた時に飛びが変化してしまう。
自分が大当たりを引いたとき、玉が飛ばなくなってくる。大当たり終了後、徐々に飛ぶようになる。飛びが弱くなったときにストローク調整をすると、後に右打ちになってしまうこともある。
これらの事象からなにがいえるか。

ハンドルは一番回るところで固定していても、よく回る状態を保つことはできない

ストロークは状況に応じて細かく手動で調整し。、いつでもよく回る状態を保たなければならない。長時間打つのにハンドルをフリーにして置くのはかなり疲労する。
なので固定すること自体はしょうがないと思う。しかし動かないくらいガチガチに固定するのはすすめられない。

3.節約のためのストローク

パチンコ遊戯は普通、下記のような場面で構成させる。
通常時
大当たり時
時短時

場面によるストローク調整が大きな節約につながる場合もある。
その効果は案外大きい。
出玉や時短中の玉増えによって、回転率にも大きく影響し、結果ボーダーラインを下げることになるのだ。
全ての台で適応されるわけではないが、いつでも節約できないかを模索することが「人と差をつける打ち方」になる。

通常時の打ち方
当然だが、ヘソへの入賞を重視したストローク調整。回転率を保つための微調整を欠かさない。

大当たり時の打ち方
大当たりチャッカーへの入賞を優先させるストロークに変える。
普通は通常時と同じように打って差し支えないのだか、場合によって右からの入賞は甘いのに左の釘は異常に絞ってあることがある。また弱め打ちにすることで入賞が上がる場合もある。古い機種ではストロークによってアタッカー内のVゾーンのクセでパンクしてしまうようなものまである。
つまり、優先順位をヘソ入賞からアタッカーへの寄りに気持ちを変えるということが大切になる。

時短時の打ち方
ヘソへの入賞は通常時と同じだが、時短時にはスタートチャッカーが開閉する。そのためにはスルーを通過しなければ小デジタルの抽選は行われない。例えばステージ重視のぶっこみといわれるストロークを実施していれば、おのずとスルーの入賞が削られてしまうことになる。若干弱めにストロークを変えることでスルーへの寄りを改善させることをすすめる。

とにかく全体を通していえることは、ハンドル調整は惜しまず、恐れず
TPO(時と場所と場合)によって使い分けることが大切である。

次回、
「安田一彦プロから勝てる考え方を学ぼう」
にご期待。

  1. 2005/04/27(水) 21:54:11|
  2. 今日はこんなです
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人と差をつける打ち方とは(小技編その1)

パチンコは他人と競う競技ではない。
それなのにどうして他人と差をつけなければならないのか。
他人と比べて有利な条件で打つことが勝ちにつながるのだ。
差をつけるといっても簡単にできる小技ばかり。
それなのに実行していない人は意外に多いのだ。
店は、このような客が多く存在することを念頭において営業を行わなければならない。
だから、他人と差をつける打ち方がマスターできれば十分に勝てるようになる。

20050425213248.jpg

保留3個止め
文字通り、保留玉が3個になったときに打ち出しを止めるという意味。保留ランプが4個点灯した場合、それ以上玉がヘソに入っても大当たりには結びつかない。
当たりの無いくじを無理やり引かされることと同じになる。
保留玉4個で止めてもよいのだが、止めた時点でも数発打ち出されるのでその玉がヘソに入ってしまうこともある。
保留4個時には強烈な時短が発生する機種(デジタル回転時間が短くなる)もあるが、それでも残り打ち出し玉で自然に保留4個が多数発生する為、保留3個で止める事がトータルではいいと思う。
そんなことと思うかもしれないがこれが効果絶大である。
実践条件によって誤差はでるが保留3個止めだけで一日約300発の節約となる。
金額にして1,200円。たいしたことないと思うなかれ。
サラリーマンが土日週2回と休日等1年間で100日打ったとしたら、たったこれだけの小技で
12万円の節約となるのだ。
それと、保留ランプが1~2個しか点灯しないような台は打ってはならないことも念のため追記しておく。

リーチ発生時の打ち方
リーチ発生時においても保留3個止めの考え方を適応する。保留3個になるまではリーチ中でも止める必要はない。ただし、保留ランプ4個点灯時絶対に打ってはならない。
最近、芸能人がパチンコをする番組が多く放送されるが、リーチ中に打ちっぱなしている姿をみると思わず「あーもったいない!」と叫んでしまう。
節約という積極的意味合いは薄いが、リーチ中に打ち続けることの無駄さは相当なものだ。
実践条件にもよるが、一日フルに打つと、約1,500発の無駄。金額にして6,000円
①の条件のサラリーマンなら、リーチ中打ち続ける人と比べれば、1年間でなんと
60万円の節約ということになる。

大当たり時の打ち出し
これも同じ、権利物等、パンク条件が厳しくなければ、大当たりが確定しアタッカーが開くタイミングにあわせて玉を打ち出す必要がある。台にもよるが、大当たりが確定した後、アタッカーが開くまで数秒間は打ち続けても無駄玉となる。
20回当たったと仮定して約250発。金額で1,000円。
先ほどのパチンコ大好きサラリーマンなら、1年間で
10万円の節約となる。

時短時の打ち出し
これも同じ。最近の台では時短開始時止め打ち効果のないものが増えた。(CR大ヤマト等)しかし、CR大海物語等それまでと同様にスタートチャッカーが開くまでに15秒以上かかる場合もある。
時短が開始して絵柄が動き始めると無意識に打ってしまっている人はいないだろうか。
スタートチャックカーが開くまで10秒と仮定した場合、16発程度無駄に消費してしまう。
フルスペックで一日初当たり8回とした場合、128発の無駄。
金額にして約512円。
パチンコ大好きサラリーマンと、無駄打ち人間を比べた場合、1年間にして
約5万円の節約となる。

上記、どれもストップボタンで軽く止めておくだけの軽作業にすぎない。
たったこれだけで一日8,700円。一年間にして
トータル 87万円の節約となってしまった。

いかがであろうか。
実際にはスーパーリーチが長くなれば打ち続ける人は少ないだろうし、上記の差がそのまま出るわけではない。あくまで仮定のはなしである。
しかし、実際これに近い差が生じていることは事実である。
かたやパチンコで副収入。かたやパチンコで借金となってしまう所以でもある。

次回
「人と差をつける打ち方とは(小技編その2)」
にご期待

  1. 2005/04/25(月) 20:46:03|
  2. 今日はこんなです
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CR大わんわんパラダイスと一晩中

4月23日(土)
今日もG店。本日のイベントはというと、土曜日恒例の海祭り。
大海物語→超激海→ドロンジョにおまかせ→エヴァンゲリオンの順で釘見予定で入店する。大海物語をみて愕然
これは…とても打てない。ヘソは論外、寄りも無調整がせいぜい。スルー入り口もかなり狭い。これでイベントなのか?
これでは他の台も期待はできなさそう。超激海は…Oh.No!
ヘソは全然だめ。寄りも良いのは1台だけ。寄りについては先週と変化が無い。
ドロンジョにおまかせはというと、寄りはちらほらOKそしてスルー下の逃げ道もそれほど開いていない。ただヘソが狭い。ステージ性能の良さを割り引いてもちょっとという感じ。
早足でエヴァンゲリオンを見る。最近増台したばかりなだけあって
ヘソも必要量をクリアしている。しかし、ヘソが良い台に限って寄りが悪い。風車が悪調整だ。ショック
こんな時はそう、「CR大わんわんパラダイスM2」だ。G店は基本的にこの機種は甘い。小走りでシマへと向かう。1台は押さえられているが、ヘソをパッと見たところ、打てる台はありそうと感じる。左の台から総合的に見ていく。1回目さっと流れるように全台を見る。ヘソが一番広い台は押さえられた台だ。ただし、左角台とその隣の寄りが良い。風車もまあ問題ない。さてこの2台どちらが良いか。寄りのハカマの広さが異なる。角台はやや広い。風車への導きがより確実なのは2台目のようだ。あまり絞りがきついと玉の勢いが殺されてしまうのだかそこまでではない。今日はこの台で決定。実際打ってみる。1000円では31回。釘からして、これはでき過ぎか。もう1000円、27回。この位に落ち着きそう。これで今日の仕事、ほとんど終わり。後は頑張るだけだ。
5000円で単発。時短中に4連荘。1箱呑まれ3連荘1箱呑まれる前に2連荘で8箱となった。しかし勢いはここまで。この後、単発と2連荘のみ。行ったり来たりしながら着実に出玉を減らす。変突入率1/2だから仕方ないと何度も自分に言い聞かせもうふらふら。それも最後に700回ハマリを食らい撃沈…22:00までに大当たり20回も4箱止まり。しかし、今日は妻が絶好調。ドロンジョにおまかせが大爆発。29回大当たりの24箱。こちらの経過を日記にしたほうが面白そうだが、内容がよく分からないため結果だけ。状況を聞くとプレミアと思われるスイカ爆弾ALL豚のダブルで確変引いたと喜んでいた。それは状況ではなく、感想だよ。でも助かった。今日は妻に感謝。
プレイ時間 【10:00~22:00】
プレイ人数 【2人】
今日の収支 【+93,500円】
累計の収支 【+1,403,500円】
目標まであと【 3,596,500円】遠い道のり
勝率    【25勝13敗(6割5分8厘)】


4月24日(日)
どうも良くない。GWに客を呼ぶ+給料日前ということで多少は期待したいとこだが、昨日が昨日なので過度の期待はできない。案の定、全然ダメ。店やる気無し。店員の「激甘」の放送連発がいらだたしい。昨日より更に締められてる。結局昨日と同じ「CR大わんわんパラダイスM2」へ。投資額も同じ5000円で単発。時短中に単発。全部呑まれて、現金を投入かと思いきやギリギリでやっと確変。2連荘で終わり、その後2倍強ハマリで0へ。現金投資再開となり、最初、目を着けていた大海物語へ移動。ヘソはいまいちだが寄りはいいと判断。試しうちの段階だったが、大当たりを引く。ほとんど連荘で11回当たる。しかし、大大大誤算ーー!。まわらない、打てば打つほど回転率が下がっていく。玉の落ちるスピードが妙に速く感じる。これはネカセが悪い場合に多い現象だ。20回行くか行かないか。あれれ。いらいら…限界。移動は不可な為、今日の終了を決意。妻は海スペ17,000で単発。その後、単発、2連荘のみ。粘るものの全て呑まれてしまった。結局、残った7箱で微プラスで終わったが、回る台で長時間粘るを実行できなかった。そして回らない台を打ってしまったことに猛反省。この台の状況はインプットしたぞー。このクセ悪台めー。かなりヘコんだ一日になってしまった。
プレイ時間 【10:00~18:30】
プレイ人数 【2人】
今日の収支 【+8,500円】
累計の収支 【+1,412,000円】
目標まであと【 3,588,000円】遠い道のり
勝率    【26勝13敗(6割6分6厘)】

  1. 2005/04/24(日) 23:50:43|
  2. 今日はこんなです
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玉の道その1「スルー・寄り・ワープ入り口タイプH」

釘の重要性についてはお話させていただいた。
釘を言えば最も重要といわれるのは言わずと知れた
「命釘」=ヘソ である。
しかし、玉の道シリーズとしては最初にあえて触れてみたいのは
「寄り釘」である。
なぜかというと…
近年、デジタル液晶画面の大型化により寄り釘が非常に重要となってきている。それにもかかかわらず、案外ヘソについては穴の開くほど覗き込むが、寄りは全く見ない人も多いからだ。

スルー横にワープ入り口が設置された寄り…タイプHとした。

                              
20050421215531.jpg

上方より落ちるパチンコ玉のルートは
1.a-b間を抜けワープからステージへ
2.c-d 間を抜けアウト
3.e-f 間を抜けgに当たり左方向にに抜けアウト
4.e-f 間を抜けgに当たりg-h間を抜けアウト
5.e-f 間を抜けgに当たり右方向のヘソへ向かう

玉が青で書かれたルートを通るほど、回転率はアップする。また赤で書かれたルートを通るほど、イライラするということになる。
a~hの釘は全て重要なポイントであり、矢印方向に叩かれた釘が良い。
実践においてはシマの隣あった台を順に見ていき比較していく。それと同時に過去の記憶を呼び覚まし今見ている台との比較も同時に行う。
昨日(先週、1ヶ月前…)より良い・悪い。シマの中でこの台が何番目に良いということが分かればOK
これが良調整だといってもわからないよ。という人もいるかもしれない。店によってはシマの全台ほとんどが同じ調整ということもあるからだ。これをクローン釘と呼ぶ。他人と差をつけて勝って生きたいならいろんな店を見て調整にメリハリのある店を探してほしい。
最重要である命釘(ヘソ)とステージについては次の機会にさせていただく。

次回「他人と差をつける打ち方とは?」にご期待。

  1. 2005/04/21(木) 18:15:05|
  2. 今日はこんなです
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「釘を考える。」

パチンコで勝つための基本は「良く回る台を長時間打つ」であることはすでに説明させて頂いた。
それでは、良く回る台の見つけ方やコツといったものはあるのか?
1.【行動派】カニ歩きでシマの台を全て試し打ち、最も回る台を探す。
2.【データ派】回転数等のデータをチェックし、回転率の良い台を探す。
3.【ハイエナ派】他人の保留ランプを覗き見し、回転数をチェックする。
4.【釘見派】釘を見て、回りを予測し、試し打ちすることで台を探す。
1~4は実際良く行われる方法である。しかし最も勝ち組への近道となるのは4番だけである。
カニ歩きは一見、地道で確実な方法に感じる。しかし台を見つけるまでにいったいいくらの現金投資が必要になるのか予想もつかない。店に良い台は何台も転がってはいない。一日中打っても見つからないことすら考えられる。良い台はとっくに押さえられているだろう。
データ派はどうか。開店後店に入ってきて台を選ぶ際、上方のデータのボタンを押して歩く人を見かける。パチンコの場合、データは過去の事実にすぎない。どんな当たり方をしてきたか、昨日良く当たった当たらない。昨日回転率が良くても今日良いとは言えないのだ。むしろデータがオカルト思想を呼び良い台を選ぶ障害になることすらある。
微妙なのはハイエナ派。前の2つと比べればかなり良いセンスをもった打ち手ではある。他人が試し打ちをしてくれるのだから効率もよい。ただ、その台が良い台だった場合、本当に上手な人は簡単には止めてはくれない。あくまでも付属的手段と考えた方が良いだろう。
それらに比べ釘見派は効率よく更に素早く良い台を探し当てることができる。パチンコは過去の一部の機種を除きパチスロのような店側の設定変更はできない。スペックが同じ機種なら大当たり確率に差はない。
店は釘のみで台毎の差をつけなければならない。
パチンコの素晴らしいところはその設定とも言うべき釘が客にも丸見えであることだ。それなのに釘を見ない人々は以外に多いのも事実である。釘はただ漫然と打ちつけられているのではない。
釘は玉の通る道なのだ
随所に分かれ道、落とし穴等の障害を乗り越えヘソに到達する。釘を見ることができれば台の回転数の予測を現金投資なしに行うことができる。狙い撃ちするわけだから、試し打ちも確認作業のみとなる。ヨーイドンで開店した場合、釘見派は良い台の大半を押さえてしまうことになる。
現時点で釘を見ることの出来ない人も決してあきらめず、釘見派を目指すことをお勧めしたい。

見ようと努力すれば必ず見えてくる
見れば見るほど、比較する能力もアップする。

今後、釘の良し悪しや見方のコツ等を随時アップして行こうと思う。
釘見の能力が多少向上したときのとなるのが、釘が良いのに回らない台が存在するということである。それはステージのクセや台のネカセ、台のゲージ構成による釘の開き必要量が機種によって違うこと等がある。その他に回転数のバラツキがある。台が電気機械物で在る以上避けて通れない電圧変化による飛びのバラツキは回りへも影響してくる。客の入りや周りの大当たり、自分の大当たりさえ影響する。回らない状況も一時のバラツキであることもある。しかし、釘を見る能力が優れていれば、一時回らないからといってお宝台をみすみす逃すこともなくなるのだ。
最後にもう一度、
釘こそが台の設定そのものである。

次回、玉の道その1「スルー・寄り・ワープ入り口タイプH」にご期待。
  1. 2005/04/20(水) 21:31:33|
  2. 今日はこんなです
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「CRドロンジョにおまかせKJ1」大荒れの展開

今日よりパチンコ報告を開始します。
平成17年1月1日~4月18日の夫婦2人の合計収支表はコチラ
                           ↓   
  パチンコ収支(H17.1.1~4.18) 20050418195615.htm

4月16日(土)
某私鉄S駅周辺のG店、M店それとM市のA店を中心にプレイしている。最近はもっぱらG店に行っている。最近の薄利多売を謳うクローン釘の店と違って、釘調整にメリハリがある。そして様々な調整をしてくるので他の店と違って勉強になる。今日のイベントは大海物語及び超激海対決ということだ。イベント信頼度としてはバラつき有り。かなり裏切られることもあるし期待以上に驚くこともある。今日も当然10時前には入店待ちの列に夫婦で並んでいる。大海物語→超激海→ドロンジョにおまかせ→エヴァンゲリオンの順に釘を見ていくことに決めている。しかし、いつもの如く不安でいっぱい。突然、営業方針が変わって釘が同じ顔になってやしないか。過去急に最悪の釘調整になりそれっきり生き返ることは無いという店もあった。そんなことをいつも考えてしまう。この店の客は他店と比べるとレベルは高い。それはいい店だから集まったといえるのだが、なぜか混みまくっていない。この営業を続けても尚打ちやすい環境が維持できているのだ。おそらく換金率の問題なのだろう。35玉の換金率、無制限だが移動共遊は不可。この条件は実は絶好の稼ぎ場であるのにも関わらず、高換金率の某有名チェーン店などは大盛況だ。人混みで台選択の余地すらなく、ほとんどがクローン釘。あーやだやだ。
そんなことを考えているうち、いよいよ開店。客等がなだれ込む。
今日のイベントは期待以上ではなかった。ボーダー+1~2の台が中心といったところ。超激海は1/315でありながらフルスペック。この甘さは魅力だが、若干ヘソの空けが足りない。その中で「CRドロンジョにおまかせKJ1」新基準一発型(大当確率1/499、確変68%、全ての大当後100回時短、約1900発出玉)に寄り釘の良調整の台が2台、ワープ入賞口、風車もその下の1本釘も問題なし、道は無調整、ヘソも良い。この機種はゲージが甘く、ステージからの入賞率も良い。ただこのスペックを敬遠してこの店では客付はあまり良くない。私の場合は新基準機も選択肢には入れている。ただし通常釘レベルが同じ場合、初当たり高確率の台を優先させている。しかし今回はドロンジョにおまかせに軍配があがり、妻と2人そのシマ(20台)のうち釘的に1,2位と思われる台を確保することに成功した。
ためし打ち開始。回りについては、バラつきを考慮しても27回転/千は下回ることはなさそう。出玉は100玉~50玉のマイナスで計算してボーダー+5回転はクリアしている。玉の釘へのカラミがいい感じ。ネカセが良いのか?今日はこの台で決まり。
しかし、ここから1/499の恐怖が炸裂してしまう。現金投資62,000円、1700回、15:30まで当たらず。そうはいっても3倍ハマリちょいにすぎない。そう考えると1/500の恐ろしさを身をもって再認識。妻は20,000円投資で8連荘、持ち玉遊戯に持ち込みその後も快調に当たりを続けている。
現金投資を16:00以降はしないことに決めているので限界ギリギリだ。1777回転でドロンジョにおまかせリーチ。(かつての不二子の着替えリーチと似た演出)やっと、333で大当たり。これが5連。その後多少呑まれもしたが3連、2連、5連、7連とどめの9連で時短をまるまる残して閉店となってしまった。妻はその間、出たり入ったりで結局出玉を減らした。ヒロシ43,000発、妻13,000発にて終了。今日の収支としては逆転することができた。新基準の波の荒さを1日で体験してしまうはめとなった。昼はカロリーメイトのみの為、夜は妻と豪華焼肉で決まり。反省会を行い、明日はネオパワフル(1/400)と大ヤマト(1/500)がイベントだが、ネオパワフルから釘見をしようと話し合った。

プレイ時間 【10:00~23:00】
プレイ人数 【2人】
今日の収支 【+76,500円】
累計の収支 【+1,292,000円】
目標まであと【 3,708,000円】遠い道のり
勝率    【23勝13敗(6割3分9厘)】



4月17日(日)
G店 CRドロンジョにおまかせKJ1
昨日と同台のヘソは締められている。昨日妻の打った台は釘に調整が加えられた形跡はない。この台で決まり。
504回転にて8連荘その後3箱呑まれたあと9連荘その後2連荘。最後に700回はまったところで閉店30前のほたるの光が…う 今日の閉店は21時か。
翌日大型の入れ替えがある場合は閉店が早い。最近の店ではめずらしい。21時、21時30分、22時と閉店3パターンの21時バージョン。残念。12箱、22,000発交換。妻は会合の後12:30に合流した。自分なら10:00に入店しなければ打つことはないのだが、どうしても妻には甘くなってしまう。せっかくの日曜日、自治会の会合なんて気の毒だ。ちょっと遊ばせてしまった。勝負に徹することのできない自分が恥ずかしくなる場面である。イベント台、大ヤマトを打つ。ボーダー+3程度。3連荘+3連荘で6箱積んだが、その後全部呑まれる。追加投資せず、閉店予想時間5時間切っていたため打ち切り指示。(投資24,000円)2日連続でCRドロンジョにおまかせKJ1の傾向と対策について、勝たせてもらえる台のコーナーにて紹介する予定。

プレイ時間 【10:00~20:30】翌日新台大量入れ替えの為、閉店21:00
プレイ人数 【1人】妻自治会の集会
今日の収支 【+18,000円】
累計の収支 【+1,310,000円】
目標まであと【 3,690,000円】遠い道のり
勝率    【24勝13敗(6割4分9厘)】






  1. 2005/04/18(月) 20:02:10|
  2. 今日はこんなです
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「良くまわる台」を考える。

パチンコ必勝法として
「良くまわる台で長時間打つこと」
というのがある。 …まさにその通りである。
しかし、

良くまわる? 長時間?

パチンコ初心者にとってはなんとも抽象的な言葉である。
ではどの位まわれば良くまわるというのか?
長時間とはいったい何時間か?

まずは良くまわるということについて。

ボーダーラインというのがある。
収支期待値が0円になる千円あたりの回転数のことをいう。

計算方法を下に示す。

20050421231303.jpg



この式で得られる回転数が負けない回転数=良くまわるということではない
ボーダーラインの回転数は誰もが負けない回転数ではない。
ただ平均したら0円というだけである。

ざっと言うと半数強の人が負け、半数弱の人が勝つ回転数なのだ。
しかし、
この式から勝てる考え方と行動が見えてくる。
Aは現金投資のボーダーラインに(現金で打つ比率)をかけたもの。そして
Bは持ち玉時のボーダーラインに(持ち玉で打つ比率)をかけたものである。

現金投資のボーダーラインは厳しい。
現金投資の比率が上がるほどボーダーラインは厳しくなる。
持ち玉時のボーダーラインは甘い。
持ち玉時の比率が上がるほどボーダーラインは甘くなる。
平均出玉より出玉が多ければボーダーラインは甘くなる。
平均出玉より出玉が少ないとボーダーラインは厳しくなる。
長時間打てば持ち玉比率が上がりボーダーラインは甘くなる。
短時間打てば持ち玉比率が下がりボーダーラインは厳しくなる。
デジタルの時間効率が良ければボーダーラインは甘くなる。
デジタルの時間効率が悪ければボーダーラインは厳しくなる。
個々の条件でボーダーラインは大きく変化してしまう。

これだけ複雑に条件が絡んでくるのだから良く回る台を定義するのはかなり難しい作業となる。

だから当ブログではいきなり結果を示すことにする。

良く回る台とは

ボーダーライン+5回転の台のことをいう。
様々な要素を吸収できる回転数が+5ということだ。
詳しい説明は別の機会にじっくり書きたいと思う。


そして
長時間打つとは

開店から打ち始め一旦出玉を持ったなら、出玉が続く限り閉店1時間前まで粘る。(1時間前なのは確変が消化しきれず閉店することを避ける為)呑まれた場合でも良く回る台(ボーダー+5回転)なら再投資する。ただし、閉店まで6時間を切っていたらその日はあきらめるということになる。

平均出玉数計算方法 注)^は二乗の意

●新基準機(F.大ヤマト2ZF、エヴァンゲリオンZF等)
(1/1-時短突入率×(1-((通常時確率の逆数-1)/通常時確率の逆数)^時短回数)))×1/(1-確変突入率)^確変ループ回数×1回分の出玉
●フル時短機(大わんわん楽園M2、超海MB等)
(2×(1/((1-(1-((通常時確率の逆数-1)/通常時確率の逆数)^時短回数)))×2))/2×1回分の出玉
●ハーフ時短機(新海物語M27、花満開極VS等)
(2×(1/((1-(1-((通常時確率の逆数-1)/通常時確率の逆数)^時短回数)/2))×2))/2×1回分の出玉

手っ取り早く凡そのボーダーを知りたい場合、
パチンコ必勝ガイド(白夜書房)の必勝ラインのページを参考にすることをお勧めする。

では、効率よく「良く回る台」を見つけるにはどうしたらよいのか?
次回、「釘を考える。」にご期待

  1. 2005/04/14(木) 18:58:47|
  2. 今日はこんなです
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハマルことに自信をもとう!あなたは強い。

大当たりを引けない状態が続く状態を一般的に ハマリ という。
通常は大当たり確率の等倍以上の回転数で当たりがこない場合にハマッたということが多い。
1/350の大当たり確率の場合、350回転で当たりがこない状態を等倍(または1倍)ハマリという。以下2倍、3倍…ということになる。

さて、
タイトルではハマルことに自信をもとう!とある。
何を言ってると思うことでしょう。
そのとおり、ハマリは特定の人だけに訪れるものではない。
誰もがパチンコを打ち続ける限りは避けることはできないのだ

ではなぜ、ハマルことに自信をもっていいのだろうか。
それは外見上ハマらない人々が大勢いることに起因する。

下記の3人はいずれも1,000回ハマッた人達である。

1.C男プラスの時点で止めれば必ず勝てると思っている人
開店から1万円で10連荘し、300回転で終了し帰宅する。
翌日、現金投資700回転で大当たりを引く。

2.D太の場合(連荘後は同じ台では必ずハマルと思ってる人
開店から1万円で10連荘し、300回転で一旦交換。
他の台で現金投資200回転当たらず移動。
他の台で現金投資200回転当たらず移動。
他の台で現金投資200回転当たらず移動。
他の台で現金投資100回転大当たりを引く。

3.A郎の場合(出玉は打ち込む為にあると思っている人
開店から1万円で10連荘し、1000回転で大当たりを引く。

他人から見た場合、C男D太も持ち玉からはハマッたようには見えない。それに比べA郎は明らかに出玉を減らしている。
オバサンは後ろを通るたび、箱数を減らすA郎を見て気の毒そうに「もっと早く止めればよかったね」と声をかけた。

この3人で、勝ち組の考え方と行動をとっているのはだれか?

そう、明らかにA郎なのだ。

理由の分からない人は是非、前回の「持ち玉は打ち込むためにある」を読んでいただきたい。

ハマリに耐える精神力は、正しい考え方と信念から生まれるのである。
ハマリは避けて通れないが、大連荘が発生するのも避けて通れない道である。
もったいない打ち方をしないことが勝ち組という目的地への最短コースなのだ。

はまる確率は理論上は下記のようになる。

(大当たり確率1/350の場合、他の確率でもほぼ近い値)
●等倍以内で当たる確率 63%  350回転以内 
●2倍ハマリ      14%  700回転
(初当たり7回の内1回は2倍ハマリに遭遇) 
(86%は2倍ハマリを食らう前に当たる)  
●3倍ハマリ       5% 1050回転
(初当たり20回の内1回は3倍ハマリに遭遇)
(95%は3倍ハマリを食らう前に当たる)
●4倍ハマリ       2% 1400回転
(初当たり50回の内1回は4倍ハマリに遭遇)
(98%は4倍ハマリを食らう前に当たる)
●5倍ハマリ     0.8% 1750回転
(初当たり125回の内1回は5倍ハマリに遭遇)
(99.2%は5倍ハマリを食らう前に当たる)
●6倍ハマリ     0.3% 2100回転
(初当たり333回の内1回は6倍ハマリに遭遇)
(99.7%は6倍ハマリを食らう前には当たる)
●7倍ハマリ     0.1% 2450回転
(初当たり1000回の内1回は7倍ハマリに遭遇)
(99.9%は7倍ハマリを食らう前には当たる)
ちなみにハマリ確率は理論上0%になることはない。

この確率ならほとんどの人はハマらないじゃないかと思われる人もいるだろう。
しかし、一日フルに打ったとすれば、5倍ハマリも10日間に1回は味わされてしまうということなのだ。

次回、「良くまわる台」を考える。にご期待。

  1. 2005/04/13(水) 19:09:27|
  2. 今日はこんなです
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

持玉は打ち込むためにある。


いきなりたとえ話

あるパチンコ店では純金のパチンコ玉を売っている。しかし、その玉は世界中どこへ行っても換金することは不可能であるという。しかし、純金の玉でパチンコを打ち、大当たりした場合、出てくる玉は全て純銀の玉である。純銀の玉の価値は純金の玉より低いが、いつでも店の外で換金できる。

換金できない純金の玉をたくさん持ち帰るより、大抵の人は純銀の玉を換金しようとするだろう。

またパチンコを打ちたくなった場合、また純金の玉を買ってプレイすればよいのだ。

しかし、ある特別ルールが存在した。

純銀の玉は店の外に持ち出さなければパチンコを打つのに再使用しても良いというのだ。
そう、これは使わない手はない。
純銀純金の価値にアップしてしまったのだ。
えっ どっかで聞いたことがある話。

そう、これこそが低換金率、無制限の店のルールと同じなのだ。

現金でパチンコを打つことを 現金投資 という。 それに対して、
出玉でパチンコを打つことを 持ち玉遊戯 という。
プレイ中の持ち玉遊戯の比率を上げることが勝利への近道なのだ。

つまりパチンコで勝つための考え方が生まれる。

出玉で粘り倒そう

現金で粘る精神力はあるのに出玉を減らすことに耐えられない人は案外多い。今やめればトントンとか、いくら勝ってるとか計算するのはかまわない。しかし、そこで止めるのは長い目で見て非常にもったいない。次に打つときには現金投資から始めなければならないのだから。

持ち玉は打ち込むためにあるのだ

呑まれるまで打ってたら、いつも負けてしまうだろうという方もいると思う。

ちょっとまってくれ。

勝つということは100戦100勝をいうのではない。
勝つときはしゃぶり尽くし負けるときはすっきり少なめに負ける。

この考え方を貫けば、たとえ100戦中40敗したとしても十分な稼ぎとなっていることだろう。

次回、「ハマルことに自信をもとう!あなたは強い。」にご期待

  1. 2005/04/12(火) 20:15:51|
  2. 今日はこんなです
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

換金率は低い店が絶対有利だ。

換金率の高い店で勝っている人も確かに存在する。

しかし、低換金率の店は勝ちやすいのだ。

あなたがパチンコ初心者であるとの自覚があるのなら
またパチンコを趣味としてしょっちゅう行くのであれば
換金率の低い店で打とう。
         更に、無制限の店ならなお良い。

換金率25玉(4円)と換金率35玉(2.86円)を比較する。
2,000玉交換したら等価なら8,000円
換金率35玉なら5,500円と駄菓子位にしかならない。

それでも低換金率が勝ちやすいといえるのか。
答えはYES

等価の店では玉を出さないことだけで儲ける。
低換金率の店は両替時の差額でも儲けられる。


低換金率の店は甘い台をより多く設置し、勝ちやすくすることで客にとっての両替時の割安感をカバーする。
対して高換金率の店はできるだけ辛い台を設置し、出さないことで儲けを確保する。客は幸運にして勝った場合の金額が大きいことに期待する。

これだけでも、低換金率の店は有利なのに実はここからが重要なのだ。

次回、「持ち玉は打ち込むためにある。」にご期待。

  1. 2005/04/12(火) 19:50:38|
  2. 今日はこんなです
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カテゴリーの解説

パチンコの世界では、勝ち組負け組ということがよくいわれる。

そのはいったいどこにあるのか?

負け組みの特徴としては
1. パチンコに対するものの考え方、見方間違っている
2. ちょっとしたテクニック実行しないことで、上手い打ち手に差をつけられている。
3. 釘が見れない。または見る努力をしていない。
4. 勝たせてもらえるパチンコ店に行っていない。
5. 勝たせてもらえるパチンコ台を打っていない。
6.自己流のオカルト思想にはまっている。
などがあげられる。勝ち組は、まったくそのといえる。

負け組の存在は、甘くしなければならない要因となる。コテンパンに負け続け、他店に鞍替えされたくないからだ。。店は閑古鳥を一番恐れる。その隙をついて勝ち組は勝っているのである。

当ブログでは勝ち組になる為の要件を下記に絞ってカテゴリー分けすることとした。

自然と勝つ考え方
テクニックこれだけ
さささっと釘を見る
勝たせてもらえる店
勝たせてもらえる台
勝つためのバイブル

また、
今日はこんなです

でヒロシのパチンコ報告をすることで、実践上感じたことや情勢の変化
機種個々の攻略ヒントにも触れたい。

最後に、パチプロを目指す方もいるかもしれませんが、勝ち組になることは可能だが、収支が不安定で社会的信用はゼロといえる。

こんな勝ち組もある

パチンコ以外の多種多様な儲けツールを紹介。パチンコ収入の不安定さ解消の手助けをする。

今、関心があること

では、パチンコとは関係ないことも含め最近のニュースや私が現在興味あることなどの記事を掲載。








  1. 2005/04/12(火) 18:30:53|
  2. 今日はこんなです
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パチンコに勝つヒントはここにある

パチンコ「ヒロシの勝ち方」ブログへご訪問いただき感謝

ヒロシは精密部品関係のサラリーマン。結婚はしているが子供はいない。

みずがめ座のB型

本来は、あきっぽく、感情的な性格。

しかし、
パチンコに勝つ為に性格まで変わってしまったのかもしれない。
今の性格は、粘り強く、感情は表にださなくなった。そして目立たないようにすることも覚える。

本来の仕事があり、今は土日祝祭日しかパチンコは打てない。(キツイ)

パチプロとして専念すれば今より勝てるとは思う。
現実を見つめれば、パチプロは社会的信用度も低く、収支の波も荒い。
生計を立てていく自信は全くない。

パチンコは趣味であり、多少の小遣い稼ぎになればいいと今は思っている。
しかし、妻を強くしてダブルの利点を最大限に利用したらと考えてから8年がたった。

毎年、プラス収支となってはいるのだが、
      今年の目標は大きく500万円に設定してみた。
笑っちゃうほど、実績的にかなり難しい
あえて挑戦してみなければこのようなブログを立ち上げる意味も無いと思い、奮発してみた。

当ブログでは全くのど素人の妻をそこそこのレベルに引き上げることができたノウハウようなものを紹介していこうかなと思う。

理論や知識というより、パチンコで自然に勝てる行動と見る目を教え込んだ。
そんな内容を中心にアップしていくつもり。

それと今日はこんなですと題してパチンコ実践報告
2人の合計収支を公開していく。勝っても負けても分析は大切だし、
何より、記事をみて叱咤激励をもらえばやる気がでてくると思うから。

皆とのコミュニケーションのなかで成長していけたら最高かな。




  1. 2005/04/12(火) 02:02:49|
  2. 今日はこんなです
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ヒロシ

Author:ヒロシ
正攻法こそが勝利の近道!

■メッセージはコチラから
お願いします。

infoEGG-インフォエッグ-

※実践結果…記号のご説明
(400回 #3*1)
=400回転で突確+3連荘
更に時短中、引き戻しで
単発が当ったことを示します。

ブログ検索

カレンダー

04 | 2005/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

パチ仲間リンク集

このサイトを登録 by BlogPeople

Hiroshi's 厳選


■女性のために
仕事と家庭の両立による女性としてのハッピーライフの提唱!
自分らしく生き生きと働こう!
既婚女性の働くを応援するビー・スタイル
■男性のために
【マクロミル】男性アンケートモニタ募集!
市場調査に参加しませんか?登録するとアンケート依頼メールが配信されますので、都合のいいときにWEBで回答するだけ!ただいま、男性モニタ募集中です。
新規登録すると、人気のデジカメや商品券が当たるキャンペーン実施中!!

■皆様のために
ジャパンネットバンクで現金化できるインターネットの共通ポイント⇒ネットマイル
無料会員登録はこちらから
■コミックスファンの皆様へ
アドリブの効かない奴は永久に勝てない!!
パチスロはセンスだ!!
アドリブ王子(白夜コミックス)

今時のイベントや新装開店に、少々退屈を感じていやしないか?
でしたら是非とも当店へ。
仰天の仕掛けでお迎えいたします。ククク…
アドリブ店長(白夜コミックス)


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

カウンター

無料ホームページ ブログ(blog)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。